Home > After Service

After Service - 何故オーバーホールが必要か

時計は精密機械ですが、腕に着けた状態で使用するためムーブメントは日常的に衝撃を受けています。精巧に組み立てられた部品のわずかなゆがみや傷み、時計内部の部品の摩耗や劣化は外からはわからないことが多く、精度不良や止まりといった症状が発生します。また、ムーブメントを保護するためのケースの外装部品の変形やパッキンの劣化が原因でケース内部に湿気が入り込み、気が付かぬうちに時計の寿命を縮めることにもなります。
次のような症状が起こる前に、定期的にオーバーホールを行うことは、時計を永くご愛用いただくうえでとても大切なことです。

  • それぞれのアイコンをクリックして内容をご確認ください。

【針】
針の夜光塗料の劣化によるひび割れ等で、塗料の破片が時計内部に入り故障の原因となります。

アイコンをタップして内容をご確認ください。

【針】
針の夜光塗料の劣化によるひび割れ等で、塗料の破片が時計内部に入り故障の原因となります。