Home > After Service

After Service - オーバーホールの流れ

1.修理依頼
オーバーホールのご依頼は、ご購入店かその他のフォルティス正規販売店に時計と保証書を併せてお持ちください。

1.修理依頼

オーバーホールのご依頼は、ご購入店かその他のフォルティス正規販売店に時計と保証書を併せてお持ちください。

2.受付・見積り

お預かりした時計は、正規修理センターに送られます。センターでは、修理履歴、時計の各機能や外装の傷のチェックを行い、時計の現在の状態を確認します。また、時計の裏蓋を開け、機械の状態も確認し、不具合箇所や交換が必要な部品などを特定。 その後、お見積書を作成し、お持ち込みいただいたお店を通じてお客様に内容と料金をご確認、ご了承いただいたうえで、オーバーオールを開始します。

3.分解

外装部品およびムーブメントを分解し、パーツのひとつひとつを点検します。磨耗や破損している部品は必要に応じて交換いたします。

4.洗浄

分解した部品を外装部品、内装部品に分けてそれぞれ専用の洗浄液を用い超音波洗浄器で汚れを洗い落とします。硬化プラスチック風防搭載の時計は洗浄の前に、技術者が軽く傷を落とします。

5.ムーブメントの組み立て

分解したムーブメントの部品を、数種類のオイルを決められた場所に注油しながら再び組み立てていきます。

6.タイミング調整

組み上げたムーブメントの精度を検査し、タイミングを調整します。ダイヤルを上向きにしたり、腕を下げているときのリューズを下向きにしたポジションなど、様々な条件で偏差を測定し、調整を行います。

7.ケースの組み立てと防水検査

外装の組み立てを行いムーブメントをセットし、防水検査を行います。
ケーシングの際には必要に応じてパッキンを交換いたします。

8.ランニングテスト

時計の精度や駆動時間などを確認するために、数日間にわたり検査を行います。最終調整と各機能の確認を行いオーバーホールは完了です。

9.お渡し

修理明細書を作成し、お預かりしたお店を通じて時計をご返却いたします。
その際に、お預かりした保証書などとともに、修理保証カードをお渡しいたします。この修理保証カードがあることで、2年間の保証が受けられます。