Home > Inside Fortis

Inside Fortis
フォルティス製品のこだわり

創設者 ヴァルター・フォグトが目指していたのは、フォルティスという名にふさわしく、世界で最も信頼性の高い、最高品質のスイス製腕時計を生産することでした。

Fortis(ラテン語) {形.}

[1] 強い、力強い [2] 継続的な、確固たる

[3] 勇気ある、勇敢な、恐れを知らない

最初の腕時計がグレンへン本社から発売されて100年以上経つ現在でも、ヴァルター・フォグトの精神は製品に生き続けています。だからこそ、精度チェックと防水テスト以外はすべて、時計技術者の手による作業にこだわっているのです。経験豊富な時計職人のスキルに勝るものはないからです。

このような考え方は今日では珍しくなりました。しかし、独自のルールに基づき品質を最優先にして生産できることは、どのグループにも属さない独立企業としての強みでもあります。

フォルティスの品質志向が実を結び誕生したのが、コスモノーティス・コレクションです。1994年以来、ロシア連邦宇宙局の公式装備品として採用されています。宇宙での過酷な任務に耐えうる腕時計として認められた証しです。

フォルティスが自動巻腕時計(Harwood、1926年)を商品化して以来、そのDNAに深く刻まれているパイオニア精神は、宇宙開発の一端を担うことにも反映されているのです。また近年発表されたGMTを搭載した初のクロノアラームのような技術革新に加えて、デザインにおいても先駆的な役割を果たしています。1980年代なかばに発表されたフリーガー・クラシック・シリーズは、当時としてはめずらしいオーバーサイズのケースを採用し、それが今日では世界のトレンドとなっているのです。フリーガー・クラシックは、2004年にアビエーションウォッチ・アワードを、2008年にはブッセ・ロングライフ・デザイン賞を受賞しました。

現存するシリーズを、新しいミレニウムにふさわしい、次世代を象徴するフォルムへと見事に昇華させ、ブランドの掲げるスローガン“ Face the New-次世代への躍進”を体現しているのです。