20. JUNE 2016

フォルティスのフリーガープロ クロノグラフを腕に初飛行へ

パラグライダーパイロットのイワン・クリストフと熱気球パイロットのローゼン・カサボフは、二人ともフォルティスのファンであり、フォルティスの新作フリーガープロ クロノグラフを腕に着けて熱気球の係留飛行に挑みました。時計はBistrica A.I.R. Showの公式タイムキーパーに選ばれました。このイベントの間、イワン・クリストフと彼のチームは新しい緊急装備の実演を行い、どのようにして候補者に陸や空や水中でのボランティア救助の準備をさせるかを実証しました。このイベントはブルガリアの首都ソフィア郊外にあるヴィトシャ山で開催されました。

13453301_10209484986785278_768838927_o

 

イワンは、垂直救助のための計測機器としてフリーガープロ クロノグラフを、水中救助ではフォルティスのホワイトマリンマスターを紹介しました。この2つのモデルはフォルティスのアビアティス・コレクションとアクアティス・コレクションからの時計で、イワン・クリストフの救助活動のための基本装備の一部となっています。